あまの@じゃく★バイク乗りの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤穂浪士と牡蠣と黒い集団のコラボとは??その一

<<   作成日時 : 2012/03/04 21:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像




走っていて気が付いたことがある。

3月3日のひな祭り。

そう。土曜日はひな祭りだった。

バイクに乗るにはまったく関係が無いのだが。。。。。

当初からの天気を見事に裏切り晴天の朝。

目的地は赤穂なので急ぐこともないのだが何となく午前中の出発。

高速に乗って参ったこと。

なんて風が強いんだ・・・・今日はVTRでなくエフ。

横からも前からも風が全開で身体にぶつかる。

それでも四国を離れる頃には風も弱まり気分の良い高速巡航ツーリング。


赤穂ICを降りたのは確か昼過ぎの頃。

さて・・・・赤穂。

初めて来る土地ってのは何があるかないかは別として基本的に好きである。



画像




赤穂と言う土地名で思い出すのがやはり赤穂四十七義士。

それと赤穂の塩。


ICを降りて適当な方向へ走っていると見つける文字。

『赤穂城』・・・・『大石神社』

大石内蔵助・・・・大石神社。

そんなに詳しい訳じゃないけどれ大石内蔵助の名前くらい知っている。



画像



時間はたっぷりあるのでお勉強タイム。

大石神社には赤穂浪士の所縁の品が結構ある。

赤穂四十七義士の木像やら討ち入りの時に使っていた品やらetc


画像



じっくりと一時間。

やはり歴史は面白い。

そして赤穂浪士は偉い。

実は中でも好きな男が・・・・『部安兵衛武庸』。

のんべえ安兵衛って呼ばれたほどの酒好き。

彼のあだ名一覧


「けんか安」「赤鞘(あかざや)の安」「とむらい安」「呑んべえ安」「のんびり安」「グレ安」「ぐでんの安」「人斬り安」「ボロ安」「きちがい安兵衛」「ぐず安」


なかなか笑えるが一流の剣の使い手。


今の世にいれば限りなく愛すべき男だったのだろう。

一緒に酒を呑みたいと思う人だ。



画像




そして大石神社にある赤穂城跡へ

広々とした土地。

もうちょっと周りを綺麗にしてちゃんと観光化したらいいのにと思う。

城跡は良く見る高い建屋の城ではなく平屋のお城だったんだね。

面白いのは本丸の建物は無いのだが建物内部の往時の建物の間取りを原寸で地面に再現してあり

その規模や暮らしぶりの一端を窺うことができる。



一通り見物して大石神社と赤穂城跡を離れる。

さてキャンプ場へ。

っと言っても・・・・はっきり場所知らない。

いつものことで大体の位置しか把握していない。

たぶん・・・海の方。



赤穂の街って分かり難い。

どっちが海か迷う。

スーパーを見つけて買い出しして場所確認して再出発。



画像




見つけた場所はキャンプ場って言うか海水浴場。

でもきっとオフシーズンにはとても環境の良い野宿場所。

水場もあれば東屋って言うにはでか過ぎるほどの場所もある。

近くには温泉もある。

イイ野宿ポイント。


すでに・・・・何張りも仲間のテントが・・・・・。




つづく




にほんブログ村 バイクブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤穂浪士と牡蠣と黒い集団のコラボとは??その一 あまの@じゃく★バイク乗りの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる